犬育てブログ

犬を‘飼う’のではなく‘育てる’もの、‘あなたの犬育て’を応援!

子犬の食事の回数と与え方〜ドライフードはいつから?

子犬の場合、1日の食事の回数が3〜4回です

今は共働きで仕事をしている方が多いですよね

 

食事は犬と一緒に生活していると欠かせない基本です

回数や食事量、ドッグフードの選び方、ドライフードへの切り替え方など気になることがいっぱい!

 

子犬の食事のあれこれをささっとご紹介します

我が家のひめは6ヶ月になりましたが、今も食事は3回です

その理由と我が家の実践例もご紹介しますね

 

 

 

 

子犬の食事の回数

子犬は成長期なのでエネルギーが必要です

そのため成長過程にあるため食事量が多くなっているので、一度にたくさんの量を食べることはできません

 

消化機能が十分に発達していないこと、たくさんの量が食べられないことなどもあり、生後6ヶ月頃までは1日に必要な量を3〜4回に分けて食べます

 

目安の回数

離乳期  4回

〜6ヶ月まで 3回

〜1歳まで  2〜3回

1歳以降  2回

 

子犬の月齢によって食事回数は変わってきます

下痢や嘔吐なども起こしやすいので、体調をみながら食事を与えましょう

 

f:id:wanco-hearties:20240525214657j:image

 

 

 

 

ふやかすのはいつまで?

子犬の頃はドッグフードをふやかして与えます

消化機能が十分に発達していない生後3ヶ月頃までは水分を足してふやかしましょう

 

ドライフードに切り替えるのは生後3ヶ月頃からです

乳歯が生え揃う生後3ヶ月頃を目安に徐々に水分量を減らしていきます

1週間位かけてドライフードに切り替えていきましょう

 

 

 

子犬の食事量

ドッグフードのメーカーごとに子犬に必要な量は違っています

食事量は子犬の月齢、体重によって変わってきますので、ワクチン接種のときなど定期的に体重を確認するとよいでしょう

 

ご自宅で子犬の大事を測るときは、子犬を抱っこして一緒に体重を測り、その後、あなたの体重を引けばおおよその目安になる子犬の体重がわかります

子犬の成長を確認するうえでも、体重の計測はこまめにするといいですよ

 

子犬の体重がわかったら、ドッグフードのパッケージに記載されている子犬の体重、月齢から目安になる必要量を確認します

必要量がわかったら、子犬に与える回数で割って、1回あたりの必要量を出します

その量を毎食与えます

 

 

 

我が家のひめの事例

6ヶ月になったひめですが、今も食事回数は3回です

我が家もよくある仕事をしながらの犬育てです

 

食事は、朝、夜、寝る前の3回にしています

夜は仕事から帰宅後、18時〜19時の間、寝る前の食事は、21時〜22時の間です

目安として、消化にかける時間として3時間程度空けています

 

生後6ヶ月になり、私自身仕事をしているので食事回数を2回にすることもありの時期にきているんですよね

2回食の方が楽なのですが、もう少し2回食は続けていきます

 

その理由は、ひめの場合、脂肪の消化機能が弱く、黄色便がでていて脂肪が混ざっていたんです

脂肪が少なめのドッグフードに変えて落ち着いてきてはいますが、一度に与える量が増えてしまうと、また黄色便になるリスクもあるんですよね

 

ひめの消化機能の発達をもう少し待ちたい気持ちがあります

成長とともに改善していけばいいなと思います

成犬になれば食事量が減るので、脂肪量少なめのフードを与えていれば、問題なく過ごせるはず!

そう信じています

 

 

 

ドッグフードの選び方

ドッグフードは子犬にとっては成長に関わる大切な栄養源です

子犬に必要な栄養がしっかりとれる良質なフードを選んであげたいですよね

 

成長に欠かせないメインの栄養はたんぱく質です

その他、ビダミン、ミネラルなどの微量栄養素も大切です

どのような材料を使っているか、パッケージに記載されている表示をみて、しっかりチェックしましょう

 

パッケージの表示チェック

パッケージに記載されている表示をチェックしていますか?

使っている原材料、栄養成分など記載されています

 

鶏肉、馬肉などの食材ならば人が食べているものと同じ食材を使っています

犬はたんぱく質が主食なので、手前からたんぱく源になる食材が記載されているものがおすすめです

 

商品によっては◯◯ミールなどと記載されているものがあります

どのようなものか心配ですよね

 

例えば、チキンミールは、チキンを粉末にしたものです

どこの部位が含まれているか気になるところもありますが、食品としての基準がクリアできているものなので、基本的には安全なものです

心配ならば、◯◯ミールが含まれていないものを使用するといいでしょう

 

 

 

ドッグフードは計量しよう

ついつい目分量で与えていませんか?

目分量で与えていると、意外と多くなりやすいんです

 

子犬の場合は、消化機能が未発達なので下痢をしやすくなります

月齢が進んでくると、肥満というリスクもあります

膝の関節を痛めやすくなるので、肥満には注意しましょう

 

 

 

まとめ

子犬の成長にとって食事は栄養源であり、回数、与え方、ドッグフードの選び方など気になることはいっぱいありますね

今回は食事の基本である回数、食事量、ドッグフードの選び方、与え方などをまとめました

 

ドッグフードのパッケージに記載されている表示は使われている食材のチェックや与える食事量を確認する必要があります

表示の見方も合わせてご紹介しました

 

子犬の健やかな成長に欠かせない食事ですが、子犬期だけではなく生涯にわたって食事の管理は必要です

与え方、ドッグフードの選び方次第で病気のリスクが高くなるからです

ずっと健康で過ごせるように食事の管理はしっかりとしてあげましょう