犬育てブログ

犬を‘飼う’のではなく‘育てる’もの、‘あなたの犬育て’を応援!

子犬の噛みつきをなくそう!あなたの手が好きになる遊び

子犬を育てていて手に噛みついてくることありませんか?

子犬を育てていて多い悩みのひとつが甘噛みです

 

子犬は歯茎がむず痒かったり、遊び感覚で噛みついてくることが多いのです

基本は、噛んでいいおもちゃを与えたり、無視したりすることです

 

それでも噛みついてきたりするのは、子犬には有り余るエネルギーがあるからです

そのようなときは、子犬と一緒に遊び感覚で犬のしつけのトレーニングするのがおすすめです

 

犬のしつけに あなたの手を好きになってもらう「ハンドターゲット」という遊びがあります

 

f:id:wanco-hearties:20240519163831j:image

 

子犬の遊びたい気持ちを上手に活用して、トレーニングしちゃいましょう!

 

きっとあなたの手が大好きになるはずです

手を出して「タッチ!」というだけで駆け寄ってきてくれますよ

 

 

 

 

 

あなたの手が好きになるとよい理由

飼い主のあなたの手は、子犬にとっては

 

撫でてもらったり、

ごはんをもらったり、

抱っこしてもらったり、

お手入れをしてもらったり、

 

と色々なことをしてもらう大切なものです

この人の手が大好きでないと、できなくなることがたくさんあります

 

また、手を使って指示を出すことができるようになります

お座りをさせるとき、伏せをさせるとき、マテをさせるときなどの誘導にも使えます

 

あなたの手を好きになると、手を使ってできふようになることはたくさんありますよ

 

 

ハンドターゲットの教え方

ハンドターゲットとは、あなたの手の甲に鼻先をタッチすることです

これは人の手に良いイメージを持ってもらうこと、人の手を追いかけることを強化することができます

手に注目するようになるので、色々な行動を誘導することができるようになります

 

教え方

①手のひらにおやつをひとつ乗せて親指で押さえます

 その手の甲を犬の顔の横に向け、犬の鼻先が手の甲に当たったら「よし」と言って、持っていたおやつをあげます

 手の甲に鼻でタッチができるように練習します

 

②差し出す手を犬の顔の横から少しずつ距離を離していくように練習します

 犬が差し出す手を追いかけてタッチできるようにしていきます

 

③手におやつを持たずに同じように行い、鼻先でタッチができたら「よし」と言っておやつをあげます

 慣れてきたら、手の甲に鼻先でタッチができたら、そのまま別の場所に手を差し出し、2回連続でできたら「よし」と言っておやつをあげます

 

④2回連続、3回連続などランダムに行い、遊び感覚で練習しながら楽しみましょう

 

子犬にとっては飼い主のあなたと集中して楽しめる遊びです

軽い運動にもなるので、お散歩に行かない雨の日などにもおすすめの遊びですよ

 

気をつけたいのが、顔の前に手を出すことです

威圧的に感じてしまったり、マテの練習をしている子犬にとってはマテと勘違いしてしまうこともあるので、手を出す場所には気をつけましょう

 

 

犬が人の手を噛む理由

犬が人の手を噛むのは、

歯茎の痒みなどからくる甘噛み

遊びの流れとしての戯れ噛み

構って欲しいなどの要求からくる要求噛み

遊んでいる時に誤って噛んでしまう誤認噛み

などがあります

 

これらの噛みつきは、友好的な感情からくるもの、対立的な要素が入ってない歯が当たってしまった、咄嗟の行動からくるものです

 

どうして噛んできたのか理由を考え、歯が当たったらその場から離れるなどの無視をしたり、「いけない」ということを教えるなど適切な対応をしましょう

 

遊びや戯れ、構って欲しいなどの感情からくる噛みつきの場合は、ハンドターゲットのトレーニングを遊び感覚で行ってあげるといいですよ

あなたの手が大好きになるはずです!

 

 

注意が必要なのは、マイナスの感情がはいる噛みつきです

痛みや触られたくないときにでる防御的な噛み

自分の所有物や食べ物を守る攻撃的な噛み

などは、叱ったり、噛みつくことで犬自身がプラスの要素を持つことで攻撃がエスカレートしていきます

繰り返すことで問題行動が強化されてしまうので、状況によっては専門家に相談することも必要になります

 

 

噛みつきを予防するためには

噛みつきを繰り返さない

単なる悪戯や戯れのような噛みつきであっても繰り返すことで行動は強化されます

特に噛みついたことで犬自身が「◯◯してもらえた」という得をしたプラスの感情が働くと、小さな弱い噛みつきであっても徐々に強くなり、いずれは攻撃的なものになることもあります

 

 

お散歩などの運動でストレスをなくす

噛みつきは運動不足などのストレスなどからも起こります

お散歩やおうち遊びなどでしっかりと運動させることで、イライラなどの感情からくる噛みつきを予防することができます

毎日のお散歩の他、おうち遊びでしっかりと運動をさせてあげましょう

 

 

噛みつき予防のハンドターゲット

子犬が噛みついてきたら、なぜ噛んでくるのかを考え、適切な対応が必要になります

運動不足などからくる噛みつきにはハンドターゲットも、おうち遊びや運動のひとつとして効果があります

あなたの手が大好きになるという犬のしつけにもなります

おうち遊びこひとつとして、遊び感覚でできるハンドターゲットを活用してくださいね

 

 

まとめ

子犬の噛みつきには甘噛み、戯れ噛みなど色々あります

その対応のひとつとして、遊び感覚でできて犬のしつけにもなるハンドターゲットのやり方をご紹介させていただきました

ハンドターゲットはあなたの手が大好きになる効果もあります

ぜひ、おうち遊びとして可愛い子犬とトレーニングしてみてくださいね