子犬のトイレトレーニングって大変!失敗しないやり方

子犬を迎えるとすぐに始まるトイレトレーニング

⭐︎どうやってやるの?

⭐︎失敗ばかりしてしまう

などお悩みありませんか?

 

愛犬ひめがわが家にやってきたのは3ヶ月になる少し前‥

お迎えしてからすぐに始まるトイレトレーニングは

⭐︎できるだけ失敗しないように

⭐︎1ヶ月までにはできるように

それを目標にトレーニングをスタート

 

お迎えして1ヶ月が経過した今はほぼマスター

はみ出しはありますが90%以上の成功率です

ひめ〜立派です

 

f:id:wanco-hearties:20240317170614j:image

 

どうやってるの?

そんな声が聞こえてきそうなので、トイレトレーニングでお悩みの飼い主のあなたに、我が家のトイレトレーニング法をご紹介します

 

 

トイレトレーニングの準備と配置方法

準備するものは

⭐︎トイレトレー

⭐︎サークル

⭐︎クレート

これだけです

 

サークルは子犬が普段過ごしている場所です

日中はお留守番が長いので、畳一畳半くらいのスペースにクレートとトイレトレーを置いています

サークルそのものはないのですが、間仕切り用の置くだけフェンスを繋げてスペースを作ってます

 

クレートは寝床としてサークル内に置き、トイレはクレートから離れた場所に置きます

これが子犬の日中過ごすお部屋になります

 

 

子犬の排泄タイミング

子犬には排泄しやすいタイミングがあります

このタイミングをしっかり掴んでおくとでトイレへの誘導もしやすくなり失敗させてしまうことも減ります

トイレトレーニングがしやすくなるので、排泄のタイミングを利用して愛犬をトイレに誘導しました

 

排泄のタイミングは

⭐︎朝や昼寝のあと起きたとき

⭐︎食事のあと

⭐︎水を飲んだあと

⭐︎遊んでいるとき

 

寝起きの時間、食事のあと、遊んでいるときなどはわかりやすいですよね

このタイミングを利用してトイレに誘導していきます

トイレに来たらシーシー、チッチ、ワンツーなど声かけしてあげると「トイレだ!」と覚えていきます

慣れてくると声かけだけでトイレに行けるようになりますよ

 

気をつけたいのは、自分の足で歩いてトイレに行かせることです

抱っこで連れていってしまうといつまで経っても場所を覚えることができません

自分の足で歩いていくことで、トイレの場所を覚えるので失敗が少なくなります

 

「シーシーだよ」など声かけしながら、こっちこっちという感じでトイレに誘っていました

サークルから出して遊んでいるときも同じように声かけしてあげるとトイレに戻ってでできるようになりましたね

 

 

子犬の排泄の間隔

どれくらいの間隔でトイレに行くのでしょうか

我慢できる時間でもあるので、排泄の間隔も掴んでおきたいところです

 

目安は月齢からマイナス1時間です

3ヶ月なら2時間、4ヶ月なら3時間程度になります

 

あくまでも目安なので、その子その子によって個体差があるので違います

また、夜間は長かったり、遊んでいるとき急に排泄したくなって間隔が短くなることもあります

 

うちの子はこの目安なんて存在しないかのような短さでした

少しでももよおすと少量の排泄でしたね

ソワソワしたりトイレサインが見られたら誘導!

これを繰り返しました

トイレに行きたそうな様子も掴んでおくといいですよ

 

 

トイレに行きたくなる様子

遊んでいるときのトイレへの誘導はタイミングが難しかったりします

そんなときは次の様子が見られたらすかさず声かけしましょう

 

排泄したいときの様子は

⭐︎床をクンクンと匂い嗅ぎを始める

⭐︎突然走り出したり落ち着かなくなる

⭐︎くるくると回り出す

 

サークル内はもちろんですが、サークルから出して遊んでいるときは重要なポイントです

「まだ時間じゃないし‥」と思っても声かけして誘導してあげることが失敗を防ぎます

上手にできたら褒めてあげる、でなかったら「まだだったんだね」でOKです

 

うちの子の場合、遊んでいるときの間隔が短くて30分持たない感じです

初めの頃の数回の失敗で気づき、即、上記の様子が見られたら即、誘導!

これで失敗が減り、1ヶ月経った今では自分でサークル内のトイレに戻ってできるようになりましたね

 

 

失敗してしまったら

子犬期は失敗が多いですが、成犬になってもありますよね

覚えるまではとにかく「叱らない」ことが一番です!

 

ポイントは

⭐︎叱らない

⭐︎騒がない

⭐︎匂いが残らないように拭き取る

 

叱ってしまうと、「排泄=良くないこと」と覚えてしまい、隠れてするようになったりします

何事もなかったかのように、ササッと処理しましょう

騒いでしまうと、「排泄=喜んでもらえた」と勘違いして、間違えて覚えてしまうことも‥

失敗したら匂いが残らないように除菌消臭剤でしっかり拭き取っておこくとも次の失敗を防ぐことになりめす

 

 

トイレトレーニング中に気をつけること

トイレをしっかり覚えるためには、トレーニングに集中することです

そのために気をつけたいポイントがあります

 

ポイントは

⭐︎失敗しても怒らない

⭐︎子犬から目を離さない

⭐︎子犬の排泄記録をとる

 

失敗は誰にでもあること、怒らないことです

そして何よりも大切なのは、子犬から目を離さないこと!

サークルの外に出している時、ついスマホをみたり、他のことをやったりしてしまいがちですが、この時に失敗してしまうことも多いものです

もし他のことをするのなら、サークルに入れるようにして子犬が行動できる範囲を制限しましょう

サークル内ならトイレも近いので失敗ひ少なくなります

子犬の排泄の記録をとるのもひとつのポイントです

すぐに掴めれば問題ないですが、それまではいつしているのか記録をとっておくと見えてくるものがあるはずです

 

まとめ

子犬のトイレトレーニングに悩んでいる飼い主のあなたの参考になるように、我が家の愛犬ひめのトイレトレーニングをまとめました

配置も含めた準備、排泄のタイミング、間隔、トイレに行きたくなる様子、失敗してしまったとき、気をつけたいポイントなどご紹介しています

参考にしていただけると嬉しいです